話の『ネタ』つまみ食い

<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
今年の映画18本目「おおかみこどもの雨と雪」
0
     18本目はおおかみこどもの雨と雪です。



    この作品は「時をかける少女」「サマーウォーズ」を手掛けた細田 守監督の最新作です。

    前作サマーウォーズでは、どハマりして劇場で4回も見てしまったほどです(笑)


    今回は自分の思い入れが強い分、序盤のネタばれがハンパなく存在しますので、ご了承ください。








    ストーリーは大学に通っていた「花」が、「彼」を大学の講義で見つける所からスタートします。

    教科書も開かず必死に黒板に書かれている授業内容を必死に書き写す彼に花は興味を持ちます。講義が終わって彼の後を追いかけていくと、目の前で転んだ子供をあやす彼の姿が…

    花はこの時すでに彼の事が好きになっていたのかもしれません。そんな彼に花は「この講義は教科書がないと難しいと思うので今度一緒に見ませんか?」と誘います。

    そこから花と彼の距離がだんだん縮まっていき、ある日引っ越し業者でバイトをしている彼が、「いろんな家があって、いろんな家庭がある。」「いつか自分の家を建てたい…本がたくさんあって、本棚が足りなくなったら、また作るんだ。何したっていい…だって自分の家なんだから…」夢を語ります。

    その時花が言います。「それじゃあその家で私が『お帰り』って言ってあげるね」と…

    その言葉を聞いた彼は花に自分の秘密を打ち明けることを決心します。

    自分がオオカミの末裔だという事を…

    「怖い?」と聞く彼に花は、「怖くない、あなただから…」

    花は彼を受け入れ、愛を育んでいきます。そして花は新たな命を宿します。

    しかし、生まれてくる子供がどんな姿で生まれてくるかわからないと思った花と彼は、自力で自宅出産することを決意します。

    二人でたくさん勉強して、協力し合い、助け合って、雪の日に姉の「雪」が…更に1年後雨の日に弟の「雨」が誕生します。

    これから家族4人で幸せいっぱいの生活が待っていると思われた矢先、ある嵐の日、玄関の外には彼に頼んであったお買いものと、花の体を気遣う時に買うももの缶詰、そして彼のお財布。

    胸騒ぎがした花は、雪と雨を連れて彼を探しに行きます。


    探し回って橋から川を見下ろした時、花の目に映ったのはオオカミの姿で息絶えて、市の職員に処分の為に運び出されようとする彼の姿でした。

    花が駆け寄り、市の職員に訴えるも話を聞いてもらえず、収集車に入れられ、連れて行かれる彼を何もできず見送るしかできませんでした。

    悲しみにくれる花の横ですやすや眠る雪と雨。

    月明かりの部屋の中、遺影代わりの彼の免許証を見て花は決心します。

    「うん。任せて。ちゃんと育てる」

    花の子育て奮闘記が幕を開けます…



    観終わってまず感じたのが、見る人の立場によって、感じ方の代わる映画なのではないかなぁ…と思いました。男性が見る場合、女性が見る場合、母親が見る場合…それぞれに感じるものが違うと思います。


    彼がいなくなってからの10年間の花による雪と雨の子育てがメインの話となるのですが、幼少期の雪と雨がなんといってもかわいらしいです。


    おおかみと人間のハーフである雪と雨のために田舎暮らしをするのですが、田舎暮らしに大興奮の雪に対して、都会に帰りたいという雨。成長によって変わる心の変化、人として生きるのか、オオカミとして生きるのかという二人の決心。子離れに直面する花の心の変化など、母と子の心の成長をリアルに表現されていて、感動を誘います。

    自然描写がとてもきれいで、雪と雨が自然の中を疾走するシーンは、迫力があってすごく好きです。


    個人的にはサマーウォーズのような「ノリ」を期待して、この映画を観ようとすると失敗してしまう映画だな…と思いましたが、個人的には大満足の映画でした。




    ★5.0(5点中)


    ヘアーサロン タキ オリジナルHP
    - | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    今年の映画17本目「アメイジングスパイダーマン」
    0
       17本目はアメイジングスパイダーマンです。



      この作品は前回のスパイダーマン3部作から監督、キャストを一新して作られた全く新しいシリーズです。

      この作品は3Dで作られていて、糸を使って移動するお馴染みのシーンも迫力満点です。

      ストーリーはヒロインがグウェン・ステイシーになり、敵は前作にも何度か登場しているコナーズ博士扮するリザードマン。

      今回から新シリーズとあって、ピーターがいかにしてスパイダーマンになったのかという部分も存在します。

      スパイダーマンとなったピーターは例のごとく「調子に乗ってしまう」のですが、それが原因で育ての親であるベン・パーカーが強盗に殺されてしまいます。前作ではそこで、ベンの名言「大いなる力には、多いなる責任がともなう」があったのですが、今回はそれはありませんでした。

      そのせいか、ベンの死がだいぶ軽いものになってしまったかなぁ…という感じがしました。

      前作ではベンの死の後に力の使い方を考えて使っていた感じだったのですが、今回はベンを殺された怒りから、悪い奴らを力で捕まえていき、いつかは叔父さんの敵を倒す…といったような怒りから来る感情で力を振りかざしていたように思います。

      その点に関していえば、グウェンの父、ステイシー警部の死によって次回作でピーターがどう変わるのか注目です。

      今後に伸びしろがありますが、現時点では前作を超える作品になっていないと自分は思います。

      ★4.0(5点中)


      ヘアーサロン タキ オリジナルHP
      - | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      今年の映画15本目「図書館戦争」&16本目「スノーホワイト」
      0
         15本目は図書館戦争〜革命のつばさ〜です。

        図書館戦争

        この作品は有川浩の人気小説、図書館戦争シリーズの劇場アニメです。

        図書館戦争シリーズは全4巻からなるシリーズで、アニメシリーズでは3巻のストーリまでやっていたので、今回の映画は最終4巻のストーリーが中心になっています。

        うつりゆく歴史の中で公序良俗を乱し、人権を侵害する表現を取り締まる法律として「メディア良化法」が成立、施行され、これにより良化特務機関、通称「良化隊」による過激な検閲が行われて、図書や本が次々と取り締まれる中、表現の自由を守るべく対抗して作られた「図書館法」を根拠に組織された、図書防衛隊、通称「図書隊」。

        その図書隊の中で図書特殊部隊の初の女性隊員の笠原 郁とその上司である堂上 篤を中心に物語が進んでいきます。

        映画の物語は原発で起きたテロ事件の手口に、小説家の当麻蔵人の著書である「原発危機」の内容が酷似しているとして、メディア良化委員会から検閲をされてしまうところから始まります。

        当麻はメディア良化委員会から著作活動の停止命令を受けそうになり、図書隊に保護されます。

        法廷闘争の中で郁と堂上は当麻の護衛の任務にあたるが、良化隊員の発砲により堂上は負傷、病院へ搬送される。

        そして最高裁から下された当麻への「執筆制限期間5年間」を言い渡されてしまう。

        その裁定を不服として、当麻が海外への亡命を試みる。負傷した堂上に代わって、一人でその任務を任された郁は無事に当麻を亡命させる事が出来るのであろうか…

        個人的にはTVアニメを見ていた人にとっては納得のいく完結編であったのではないかな?と思います。

        テンポも良く、映画の尺の中にも起承転結の構成がしっかりしていてTVシリーズを見ていなかった人でも楽しめる内容だと思います。

        ★4.5(5点中)

        そしてその次に観たのがスノーホワイトです。



        マグナス王が統治する王国に、雪のように白い肌、血のように赤い唇、国壇のように黒い髪を持つプリンセスが誕生した。スノーホワイトと名付けられたその子は両親からたっぷりの愛情をそそがれ、外見にも増して美しい心を持つ少女に成長した。

        しかし、母を亡くしてから1年後、マグナス王がラヴェンナを新しい妃に迎えたとき、スノーホワイトの幸福な生活は終わりを告げる。

        妖艶な美貌を武器にマグナス王と結婚したラヴェンナは、闇の魔術を操る魔女だった。

        これまでいくつもの国を破滅に追いやってきた彼女は、ここでも王を殺害して権力を掌握女王の座に君臨し邪魔者の継娘スノーホワイトを城の等の最上階に閉じ込める。

        7年後。若い娘を拉致し、その生気を吸い取ることで不老を保ってきた女王は魔法の鏡から衝撃の事実を知らされる。世界一を誇る女王の美貌がスノーホワイトに追い越される時が来たと…しかし、同時に鏡はこう告げる。「スノーホワイトの心臓を口にすれば、あなたは永遠の若さと美貌を手に入れられるでしょう」永遠の若さと美貌…それこそ、女王が貪欲に追い求めてきたものだった。鏡の予言に目を輝かせた彼女はさっそく弟のフィンにスノーホワイトを捕まえるように命じる。

        しかし、スノーホワイトはやってきたフィンに対し不意打ちを食らわせ場外に逃れることに成功する。

        はたして脱出したスノーホワイトはラヴェンナ女王から王国を奪還することはできるのであろうか…

        (↑パンフレットより抜粋)

        この作品は予告編を見て面白そうだなぁと感じた作品。

        しかし、個人的にはあまり好きになれない作品でした。

        城から脱出した所に、野生なのか逃げ出して来たのかわからない白馬が「たまたま」いたり、瘴気が漂う誰も近づかないはずの黒い森の出口にスノーホワイトがたどり着くとこれまた「たまたま」船と人がいたりと、スノーホワイトが「もってる人」と言ってしまえばそれまでなのだけれど、都合良すぎるストーリーの映画はあまり好きではありません。

        そもそも自分が父であるマグナス王を殺したとバレているのにもかかわらず、スノーホワイトを生かしているラヴェンナがよくわかりません><

        ★3.0(5点中)


        ヘアーサロン タキ オリジナルHP
        - | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        映画14本め「MIB3」
        0

          14本目はトミー・リー・ジョーンズとウィル・スミスのコンビが痛快なメンインブラック3です。
          MIB3 

          今回でシリーズ3作目となる作品なのですが、例によって自分は1・2を見ていませんでした。

          そこで弊害となったのがサントリー「BOSS」のCMでした。

          自分はこの映画を見るまで、ジョーンズが宇宙人だと思っていました(汗)

          ストーリー

          銀河系刑務所に服役中のボグロダイト星人のボリスが脱走するところから物語が始まります。

          通報を受けて中華料理店へと急行したJとKはそこでボリスと対面。

          そこでボリスはKに対し、「お前は過去で死ぬ」という言葉を残し、ボリスは姿を消します。

          JはKに対してボリスについて尋ねますが、Kはヤツの事は事は忘れろの一点張り。

          オフィスに戻ってJが記録を調べると、ボリスは1969年7月16日にKによって逮捕され、40年以上も投獄されていたことが判明。

          しかもこのときKは好戦的なボグロダイト星人を滅ぼすための武器を発見するという大手柄を立てていたらしい。

          しかし、それ以上の事は機密扱いでわからなかった…

          翌日、Kの姿消えていた!そればかりか、滅亡したはずのボグロダイト星人が地球に進行しているという情報が…

          タイムトラベル罪の前科があるエイリアンの協力を得て69年にタイムスリップしたボリスの仕業のようだった。

          全ての謎と事件解決の為にJha1969年へと向かうのであった…



          感想としては安心して見る事の出来るエンターテイメント映画だなと思いました。

          1969年に飛んだ後の若いK役のジョシュ・ブローリンもうまくジョーンズの演じるKの特徴をつかんでいて、違和感なく彼がKなのだと認識することが出来ました。

          バトルシーンも迫力があって、1・2分タイムトラベルで戻ってボリスの攻撃をよけるシーンは「おぉっ!!」と思いました。

          そして、たまたまそこに居合わせた子供の頃のJにKが言葉をかけるシーンは感動しました。

          全体を通してものすごく楽しめた作品だと思います。

          ★4.0(5点中)



          ヘアーサロン タキ オリジナルHP

          - | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          映画13本目「ダークシャドウ」
          0

            13本目はジョニー・デップの奇抜な演技が注目を浴びたダークシャドウです。

            ダークシャドウ

            この映画も予告編を見たときに見ようと思っていた作品です。

            あらすじ

            18世紀に水産業で大成功をおさめた名家コリンズ家の御曹司、バーナバスは召使いのアンジーと愛人関係にありましたが、純情可憐なジョゼットと婚約。

            これが実は魔女だったアンジーの逆鱗に触れ、呪いでヴァンパイアに変えられたうえに棺桶の中に閉じ込められ永い眠りについてしまいます。

            バーナバスが工事の時に棺桶を掘り起こされ眠りから覚めたのはなんと200年後…

            バーナバスが記憶を頼りに辿りついた我が家にいたのは、すっかり落ちぶれてしまった子孫とジョゼットの生写しの家庭教師のヴィクトリアでした。

            バーナバスは落ちぶれてしまったコリンズ家を再建しようと動き出しますが、そこに立ちふさがるのは水産会社でコリンズ家に代わり急成長をし、町を牛耳る敏腕女社長となったアンジーでした…


            感想としてはかなり本格的なホラーっぽく作られている部分もありますが、コミカルなコメディ部分もありなかなか楽しめる作品でした。

            アンジーがバーナバスだけでなく200年後の子孫であるキャロリンに狼の遺伝子を組み込んで狼女にするあたり、アメリカの人達が好みそうな設定ですが、個人的には蛇足な気がしてなりません。

            ★4.0(5点中)

            - | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            << 2 >>